中小企業診断士とは、どうやって活躍する資格なのか

Pocket

Q.中小企業診断士の試験に受かったら、どうやって活動するのが普通なんですか?

 

A.中小企業診断士とは、2通りの進路に分かれる資格です。独立・開業という「いかにも士業らしい進路」も選べますし、会社員としてエリートの道を目指すという進路も選べます。どちらの進路でも、需要は多いです。

中小企業診断士も「~診断『士』」と呼ぶくらいですから、いわゆる「士業」のひとつと呼んでOKでしょう。
ところで「士業」といえば、「弁護士」「会計士」のようなイメージがひたすら強固。この手のお仕事では「~弁護士事務所」「~会計士事務所」なんて看板を、街を歩いているとよく見かけます。実際のところ事務所を構えて独立するという常識がありますね。

「事務所を構える~」、「自分の事務所を開いて独立する~」なんて言葉には、なんとなく華麗なキャリアをイメージする人が多いのではないでしょうか? では中小企業診断士の場合、独立・開業するのが当たり前なのでしょうか? 

先に現実を書いてしまうと、中小企業診断士の場合は独立しない人のほうが多いです。「士業」の中には、社会保険労務士や税理士のように、企業内で社員として働く「勤務型」と、独立して働く「開業型」の両パターンがある資格が、少し存在します。中小企業診断士もその一種なのです。そして過半数の中小企業診断士は独立していません。

士業でありながら、中小企業診断士はサラリーマン的な働き方がとてもよく似合う資格です。そして、この資格を受けようとする人(そして、合格できる人)は企業の中でやっていける能力をじゅうぶんに備えていることがかなり多いですね。

企業の正社員として働くことのメリットは、安定した立場で長期にわたって働けることでしょう。それと比べて、独立や開業には失敗・破たんといったリスクと必ず隣り合わせです。あえて安定した地位を捨てようと思わない中小企業診断士が多いことも事実です。
→勤務型の中小企業診断士を目指す場合の心得をご希望なら、こちら(企業内診断士について)もご覧ください

とはいえ。もちろん開業や独立の夢を持てないなんてことはありません! 中小企業診断士で独立するなら、経営コンサルティングをはじめとしたさまざまな分野で顧客を獲得してやっていけるチャンスが待っています。
→開業型の中小企業診断士を目指す場合の心得をご希望なら、こちら(独立開業の診断士について)もご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です