中小企業診断士と社会保険労務士の意外な接点

Pocket

Q.中小企業診断士と社会保険労務士、両方合格したらどうなるでしょうか? 

A.中小企業診断士と社会保険労務士は専門が異なります。しかし顧問先企業のためにあらゆる方面で貢献することに変わりはありませんし、巨額の報酬を得る機会はあるでしょう。

社会保険労務士は、主に労働法や社会保険法(健保や年金から雇用保険や労災まで、数種類に分かれています)の専門家です。これらの知識を総動員して、労使関係の諸問題を解決・改善します。

<中小企業診断士と社会保険労務士で、ダブルライセンスをするとしたら?>
中小企業診断士は経営コンサルタントといいうイメージが強い資格ですが、社会保険労務士は人事労務のコンサルタントというイメージが強い資格です。まったく方向性が異なる2種類のコンサルティングを実行できるという、貴重な機会を持てるのがメリットでしょう。
顧問先の企業から経営関係のアドバイザーとして重宝されるかたわら、その企業のために就業規則の作成・見直しをしてあげたり、厄介な給与計算の業務(給与から差し引かれる社会保険料の計算は、素人が思っている以上にハードです!)を代行してあげたりと、仕事の種類は豊富です。
また、補助金や助成金の申請業務についても、中小企業診断士と社会保険労務士の資格があるなら代行できる余地が広くなります。

<中小企業診断士と社会保険労務士のダブルライセンス、何か知っておいたほうがよいことは?>
社会保険労務士と中小企業診断士は、ともに「企業内勤務」と「独立・開業」の両方を選べるという共通点に恵まれています。もっとも、企業内で活躍するのならたいていの場合はどちらかに専念することになると思われます……例外はあるかもしれませんが、たいていの企業では両方の部署に所属するということはあまりなさそうですから。したがって、中小企業診断士&社会保険労務士のダブルライセンスをするなら、やはり開業型が主流となりそうです。

ちなみに独立する場合、社会保険労務士には顧問契約を結んで顧客法人から毎月低収入をもらえるという強みがあります。中小企業が相手である以上、顧問収入といっても毎月数万円程度になることが普通ですが、毎月決まった報酬を受けられることは事務所の経営を安定させる上では絶大な恩恵となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です