中小企業診断士と行政書士、セットで仕事するなら

Pocket

Q.中小企業診断士と行政書士の資格って、相性はいいでしょうか悪いでしょうか? 

A.中小企業診断士と行政書士は「経営」「法律」と畑が違います。相性がすごくいいとまではいきませんが……、どちらの仕事も守備範囲が広いため、セットで使うことはできます。まだチャンスの宝庫でもあるでしょう。

中小企業診断士も、受験勉強の途中で法律はそこそこ学習しないといけません。とはいえ法律を本格的に学習するという意味では、法曹系の資格にはやはりおよびません。行政書士はかつて地味な法曹資格の一種にすぎませんでしたが、昨今は花形資格になりつつあるといえますね。

<中小企業診断士と行政書士で、ダブルライセンスをするとしたら?>
中小企業診断士とはあまり接点がなさそうに見える行政書士ですが、たとえば近い種類の仕事をすることもあります。たとえば最近は、補助金や助成金の申請業務が士業の世界では増えてきました。これらはその種類を確かめた上で、その種類にふさわしい士業に頼むことが望ましいのです……社会保険労務士や中小企業診断士がやったほうがよい種類もあるのですが、行政書士に向いている種類もあるのです。

また、会社・法人設立や創業補助、電子申請など、さまざまな強みが行政書士にはあります。許認可申請は特に顕著で、さまざまな許認可の書類の作成代行を請け負って生計を立てている行政書士は全国いたる所に存在します。中小企業診断士の生活で獲得した顧問企業のために、経営コンサルティング以外にこうした業務を合わせてやってあげたら、かなり喜ばれるに違いありません。顧問先企業の特色に合わせて、行政書士の範囲でやってあげられる仕事を探すことも可能でしょう。

<中小企業診断士と行政書士のダブルライセンス、何か知っておいたほうがよいことは?>
中小企業診断士は基本的に勤務型と開業型の2通りの働き方があります。しかし行政書士は開業型の資格です。このためダブルライセンスをするなら、企業内診断士ではなく独立・開業をいう道を選んでから実行に移すのが妥当です。
行政書士の難易度は決して低くはありませんが、それでも中小企業診断士よりはかなり楽。少なくとも半年くらいの勉強時間で集中して攻略することが可能な資格です。そのあたりを考慮した上で受験を決めるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です