中小企業診断士の合格、必要な勉強時間とは

Pocket

Q.中小企業診断士に合格するまで、どれくらいの勉強時間がかかりますか? 

A.全然勉強したことがない人だったら、中小企業診断士試験合格まで平均して2年以上かかっているようです。1000~1500時間くらいかかったという人がけっこういます。ただ、勉強法を工夫すればもっと短くすることはじゅうぶんに可能です! 

中小企業診断士の資格に興味をひかれる人の大半は、「では受けるとしたら、勉強時間はどれくらいかかるのだろう?」その疑問を持つことが多いようですね。

必要となる勉強時間は、1000時間を超える可能性がしばしば指摘されています。
10数年前に、「一から目指すのなら、平均して1300時間が必要だ」と結論するデータが公開されたことがあります。ただしこれは、内閣府(厚生労働省)からの発表によるもの。お役所のデータにはかなりの信頼性がありますが、これが全受験者に当てはまるわけではありません。なにしろお上のデータは、膨大な人数の市民を対象としています。データが多すぎると、かえってこれから受ける人にとって役立つ調査結果を出せないことがありますから。

とにかく、難易度が高い試験ですから勉強時間がとても必要になることだけは間違いありません。難易度が高いために、2~3回の受験を経てやっと合格しているケースだってザラにあるのです(科目合格制度で受けなおしをしやすくする仕組みがつくられたのも、難易度の厳しさと無縁ではないでしょう!)。

1000時間から1500時間くらいの勉強時間が総合で必要になるのなら、これを具体的な計画に反映させることが第一。たとえば、ひと月に100時間のペースで勉強するなら? 半年で600時間に到達します。そして、ちょうど1年経ったら1200時間までいくことになりますね。

では、毎月100時間勉強するには? 1日3~4時間のペースが必要になります。ちなみに平日は2時間が限度なら、22日で計算するとして44時間。残りは、土日で埋め合わせることになります……56時間を、土日合計8日で割り算するなら、週末は1日7時間で勉強することになります。

このように、数字ばかりに注目してしまうと中小企業診断士に合格する勉強時間はすさまじいことになってしまいそうです。今からの志願者にとって、果てしなく長いいばらの道に見えてしまいます。

しかし、勉強時間だけを理由にあきらめるのは早すぎます。実は、たった1回の受験で見事に合格しているケースは毎年それなりに報告されています。1年以内の勉強時間で合格したケースだって、毎年すごく珍しい事例だというわけではないのです。
また、1回きりで合格するのは厳しくても、2年未満で、2回までの受験で合格にこぎつけるのだったらだいぶ現実的になります。それは勉強法をよく検討することがポイントです。無駄を極力省いた、効果的な勉強法を選択すること。それに尽きるでしょう。
→勉強法の検討については、こちら のページ(中小企業診断士の勉強法について)こちら のページ(中小企業診断士の通信教育について)を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です