中小企業診断士の通信講座を、一発で正しく選ぶには

Pocket

Q.中小企業診断士を通信教育で勉強したくなってきました。でも、どこの業者を選んだらいいのかわかりません。選び方って大切なんでしょうか? 

A.中小企業診断士の通信は、ちょっと見ただけでは「どれも同じに見える」かもしれません。しかし実際には勉強上の効果が大きく分かれてしまいます。教材の性質等に注目して、正しい選び方を学び取りましょう。

中小企業診断士を勉強するなら、通信講座がその他の方法(独学・通学)と比べてオススメだということは、すでにこちら のページでお話しした通りです! 

では通信に頼るとして、次に直面するのは? 「通信講座をどう選ぶか?」です。
中小企業診断士の通信講座も、今ではかなり増えています。ネットで検索したり、パンフレットを取り寄せたりしても、どこに決めたらいいのかわからない……そんな声はよく耳にするようになりました。

そこで、中小企業診断士の通信講座を選ぶときのポイントをなるべく多めに書き出してみたいと思います。

・費用対効果の高さ
これは「使ってみるまでわからないだろう」そう感じるかもしれませんが……、実は同じくらいの期間の講座でも、試験範囲すべてをカバーした講座でも、会社によって驚くほど受講料が異なるケースがあります。
一般的に、「通学・通信の両方を併設している会社」は「通信だけの会社」より授業料を高めに設定する傾向があります。それは、通学の受講料と通信の受講料の額をあまり変えられないからです。通学の受講料は、校舎を維持する必要があるためどうしても安めにできませんが……そうなれば、通信の受講料も通学と同じくらいの額にする必要があります。
しかし通信しか出していない会社の場合は、それほどコストがかからない模様です。このため「通学・通信の両方を併設している会社」と「通信だけの会社」の間にときとして5~10万円くらいの差が開いてしまうケースがあるのです。

・教材のわかりやすさ
これは当たり前のことを書いているようですが……今ではテキストや問題集は各通信講座会社のWeb上にて、どんな中身なのか見られることが多いです。必ず自分の目で確認しましょう。それと同じで、DVDやWeb動画等の内容も一部だけ公開されているのが普通です。

では、わかりやすさの基準とは? 自分が読んで、または観て理解できるかが最大の鍵ですが、ほかにもあります。

-たとえば、テキストや問題集なら? 
-余白のバランスや図・表の分量は当たり前。もっと大事なのは視覚的な効果でしょう。テキストなら、カラー印刷がじゅうぶんに(5色くらいが目安)してあると読みやすいですし集中力が途切れません(カラー印刷はコストがかかるため、やらない会社がいまだに多いのですが)。
問題集なら、問題と解答の位置を使いやすく配置してあることや、問題を解く時間の目安が書いてあるとおすすめ。特に時間の目安は、「どれくらいの時間で解かないと、間に合わなくなるのか?」そこがはっきりとしますからとても実践的です。

-たとえば、DVDやWeb動画なら? 
-かつて、中小企業診断士の講座に限ったことではありませんが……「教室の講義映像をただ固定カメラで収録しただけの映像」を教材に採用していた通信講座はかなり多かった模様です。
しかしこれでは、長時間見ていると「ダレてくる」という欠点があります。TVの教育番組のようにカメラがよく動いたり、講師の背景にテキストのクローズアップが随時映し出されたりと、演出がしっかりとなされているほうが楽しく再生できるはずです。

・「スキマ時間」を使った勉強のしやすさ
教材をよくチェックするときに、「どれくらい楽に持ち運べそうか?」そこも細かくチェックしましょう。なぜならば、家の中だけではなくて外出中も勉強するような気概がないと、中小企業診断士合格は遠ざかってしまうからです。外出中のちょっとした時間の積み重ねが大事。ただでさえ勉強時間が山のように必要なのですから、暇ができたらすぐテキストを開くような姿勢を持つべきです。

テキストや問題集なら、分冊されていて、1冊が軽く薄くつくられているほうが断然有利ですね。ではメディア教材なら? ポータブルの機材やWebで再生できることが大事でしょう。ノートPCやタブレット端末、スマホで再生できる方法が用意されているなら申し分ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です