中小企業診断士試験に独学で臨むのは危険がいっぱい

Pocket

Q.中小企業診断士試験に、事情があって独学で受かるなら独学で挑戦したいのですが、合格はできるでしょうか? 

A.中小企業診断士試験の難易度の高さを思うと、独学はほとんどおすすめできません。誰かの助けを受けられる方法を探したほうが安全です。

中小企業診断士の勉強法を分類するとき、3種類に分けられます。「独学」ができないかと検討する人はわりと多いのだそうですが、独学で中小企業診断士にパスできるのか? 実態に迫りましょう。

独学のメリットとは? 
・お金があまりかからない
・好きな時間に、好きな場所で勉強できる
・自主性が高い独立独歩型タイプなら、誰にも邪魔されないという利点を活かせる

独学のデメリットとは? 
・全部、自力で調べないといけない
・その結果、勉強時間が大幅に延びたり、大幅に遅れたりするリスクがある
・また、「誤解したまま暗記していた」という困った事態にいつ陥っても不思議ではない
・サボる性質が強いタイプの場合は、脱落するリスクと隣り合わせ
・仲間ができないため、合格してから仕事上で不利になるリスクがある

中小企業診断士の独学は、こうして比較してみるとリスクのほうがどうしても気になってしまいます。もちろん、お金がかからないことや時間を好きなように使えることは絶大なメリットでしょう。しかし、リスクの多さ・深刻さのほうが断然大きいです。中小企業診断士ほど難易度が高い試験で独学することは、失敗のリスクを自ら増してしまうようなものでしょう。何らかの方法で、誰かに勉強をサポートしてもらう方法を選んだほうが安全だと結論せざるを得ないです! 

さて、独学の難しさについて……中小企業診断士特有の事情もあることは、どうしても書いておかないといけません。

一次試験間では多肢選択式の筆記試験ですから、独学でも何とか対処する余地はあります。しかし二次試験となると、そのようなことも言っていられなくなります。二次試験では論文形式or短答形式の試験および口述試験です。これらに独学だけで対処するのはどうでしょうか。ハードルは数段高くなってしまいます。
論文や口述問題では、評価してもらえる答えを導き出す能力を独力だけで会得するのは並大抵のことではありません。それに論文や口述については、ライバルである他の受験者の動向にも大きく左右されるのです。結局、「ひとりよがり~」になってしまうリスクがいっそう増えると思ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です