企業内で中小企業診断士として大活躍するための就職・転職・求人事情

Pocket

Q.中小企業診断士になったら、転職は楽になるんでしょうか?

 

A.企業内診断士で活躍している先人は多いですし、転職して活躍を目指すのはいい手です。ただ資格を取っただけで必ず転職が成功するわけではないです。ヴィジョンを持って計画を立てることが大事です。

中小企業診断士の資格を取ってから、開業・独立ではなくサラリーマン(またはOL)という道を歩もうとする人。そういう人は、けっこう多いようでしてあちらこちらにいます。いわゆる企業内診断士の道のりですね。
大活躍している企業内診断士はいろいろな会社にいますし、収入面で見てもすごいです(企業内診断士の年収については、こちら(中小企業診断士の年収について)をご覧ください)。

企業内診断士になるにしても、試験に合格し資格を手にしてから、2通りのコースがあるでしょう。
1.それまで勤務していた会社に、そのまま残って働く
2.資格取得を機に、もっと中小企業診断士として羽ばたけそうなよその会社の求人を探して転職する

※それまで勤務してきた企業・組織から動こうとしない人も当然たくさんいますが、転職してキャリアの飛躍を狙いたいという人もいるでしょう……特に、現状の仕事に満足していない場合なら! または、そもそも失業中であったり正規雇用で働いていなかったり、といったケースも少しはあるでしょうね。

では中小企業診断士に合格してからどこかに転職するとしたら? 通常の企業の通常のポジションに、という選択肢もありうるのですが、「せっかくこの資格を取ったのなら経営コンサルティング会社に転職しよう」そう考える人が多いはずです。確かに、それはとても理にかなっていますね。

その際に、中小企業診断士資格を取得しているなら当然、他の志願者とは違った目で見てもらえます。ただし「中小企業氏診断士の資格を持っていると履歴書に書くだけで、がぜん有利になる」なんてことはありませんので、くれぐれも誤解してはいけません。

特に、試験に合格したばかりの段階ではまだ実務経験が不足しています。そうなると、実績以外の点で面談の際にアピールしないといけません。どのようなヴィジョンを持っているのか、資格をどのように使ってどのようなコンサルティングをしていきたいと計画しているのか、理路整然としゃべれないといけません。そして、的確にしゃべれないようでは、コンサルタントとしては通用しません。

※コンサルティング会社以外なら、プロモーションやマーケティングの専門企業、あとは金融およびその周辺の企業も転職の選択肢として有望かもしれません。

どこの企業に転職するにしても、面談の場でのPRのほうが重要です。中小企業診断士資格だけでは絶大なご利益は発揮されないと覚えておくほうが正解です。

ちなみに転職を目指すとして、求人の数は? これは地域格差があります。やはり都心部と地方では大きな差がつくでしょう。また、タイミングの問題もあります。
いずれにしても、中小企業診断士の資格で求人情報を検索しただけで、たくさんヒットするとは限りません。これについては、自分が住んでいる地域や仕事場にしたい地域の事情を、時間をかけて調べ、対策を練ることが大事でしょう。

転職コンサルティング会社に応募して、担当者とよく相談して戦略を練るのはなかなかいい手ではないでしょうか。転職コンサルティング会社なら、中小企業診断士のような高難易度資格の保持者に対していろいろと便宜を取り計らってくれる可能性は高いでしょう。一般に公開されていない求人をあっせんしてくれることもよくありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です